【新型コロナウイルス対策について】 当社スタッフは、万全の対策に努めておりますのでご安心ください。

武蔵村山市で空き家整理をするコツ!不用品回収からリフォーム・売却まで

武蔵村山市空き家整理、空き家の片づけならケイアクティング

空き家整理は、法律で所有者の義務が明確化されています。
平成27年に施行された「空家等対策特別措置法」により、空き家の所有者は近隣住民や自治体に指摘を受けるようなことがないよう、適切に管理する義務を負いました。
武蔵村山市でも、さまざまな理由で住む予定のない家の所有者となり、どう処理すれば良いかわからないという人も少なくないでしょう。
ここでは東京都武蔵村山市で、空き家整理に伴うあらゆる整理のノウハウについて解説します。

そもそも空き家とはどんな状態をいうのか

武蔵村山市空き家

空き家の定義としては、原則「人が住んでいない状態の家」がすべて該当します。
国土交通省の定義では、「放置して1年以上が経過した建物」とされていますが、所有者がいるかいないかではなく、住人がいない家は該当すると考えたほうが良いでしょう。
そこに住んでいなくても、定期的にメンテナンスをしたり、状況確認をしたりしている優良な管理者もいます。
ただ、空き家に認定される基準としては、電気やガス、水道の使用状況などを確認し、人が住んでいる形跡がない物件は空き家認定されることが一般的です。
もちろん、メンテナンスをきちんと行っている空き家は問題のないことが多いですが、通常、住人を失った家は状態があっという間に悪化し、さまざまな問題を引き起こします。
たとえば草木が伸び放題、害虫や害獣の巣窟になるなど不衛生な問題を近隣に与え、劣化や破損を招いて最悪は家屋が倒壊する被害を起こす場合もあります。
こうしたことが社会問題となり、平成27年には「空家等対策特別措置法」が施行され、所有者が空き家を放置すると罰則を受けることとなったのです。

空家等対策特別措置法に触れるとどうなるのか

空家等対策特別措置法の対象とされるのは、「衛生上有害となる恐れがある空き家」「著しく保安上の危険となる恐れがある空き家」です。
たとえば前述の通り、草木が伸び放題で敷地の外にはみ出しているような場合や虫や野生動物の住処になっているような場合は衛生上有害になるおそれがあります。
また、メンテナンスが行われておらず、傾きや外装の落下、倒壊の恐れがある空き家も当然対象となるのです。
こうした対象の空き家は、所有者へ解体通告や強制対処が出されることとなり、放置していると罰金が科せられます。
一番痛いのは自治体から改善勧告を受けることで、土地に対する固定資産税の特例から除外され、固定資産税が増額されることでしょう。
建物があると土地にかかる固定資産税が最大で6分の1程度まで優遇される特例措置がありますが、改善勧告を受けると特例が受けられなくなり、最大で4.2倍の増税となることは覚えておきましょう。

独自に条例を制定する自治体も

平成25年頃空き家問題が社会化したことで、全国の自治体で独自の条例を制定する動きが活発化しました。
武蔵村山市では現在のところまだ空き家に関する条例は制定されていませんが、空き家問題を重視する動きは当然ながらあります。
武蔵村山市では平成28年から防犯対策として空き家の実態把握や適切に管理されていない空き家の所有者に対する助言の実施などを実施しています。
空き家率データを見ると、武蔵村山市は一時東京平均を超える数値となったものの、平成25年には11.1%となり、若干の減少傾向に傾きました。
ただし旧家の多い新青梅街道の北地では空き家の増加が目立っていることも事実であり、決して見過ごすことはできない状況となっています。
(武蔵村山市第三次住宅マスタープラン 平成29年度~平成38年度:http://www.city.musashimurayama.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/002/060/masuta4.pdf)

空き家整理の方法

武蔵村山市空き家整理

さまざまな理由で空き家の所有者となったけれど、この先も住む予定がなくどのように整理すれば良いかわからないという人は少なくありません。
特に遺産相続などで急に名義人となった場合、そこに残されたものをどう処理すれば良いかから問題が始まります。
遺品整理は心理的にも肉体的にもとても大変な仕事ですが、避けて通ることはできません。
方法としては2通りあり、すべて自力で行うか、専門業者に依頼するかになります。

自力で行う場合

自力で行う場合、規模にもよりますが、親族などの力を借りる必要があるでしょう。
保管すべきものは貴重品のほか、各種手続き書類や思い出の品などです。
こうしたものと処分するものとに仕分けし、処分品の中でも使用可能なものはリサイクルショップなどに持ち込んだり、引き取ってくれる公共団体に寄付しにいったりすることになります。
使えないものや引き取り手のないものは、武蔵村山市のルールに従って粗大ゴミとして処分しましょう。
不用品回収業者に依頼して引き取ってもらうことも可能ですが、こうしたものが片付いてはじめて、家の清掃ができるようになります。
自宅が武蔵村山市にない場合や遠方にある場合は、何度も出向いて少しずつ処理を進めることになるでしょう。
時間をかけてでも、すべて自力で一つひとつ片付けたいという場合に向く方法です。

業者に依頼する場合

専門業者へ依頼すれば、心理的・労力的負担を極限まで減らして空き家整理ができます。
ただし、部分的にしか対応できない業者だと、何社も連絡してその都度説明をしなければならないため、結局心理的負担や手間がかかってしまいます。
依頼するのであれば、弊社のように遺品整理から不用品の回収、粗大ゴミの処分、片付けた後の清掃まですべて一貫して請け負える業者を選ぶのがおすすめです。
もちろん貴重品や手続き書類、形見の品などだけ自力で仕分けし、後をすべて業者に任せるというのも良い手段ではないでしょうか。
逆に家財ごと空き家をまるまる整理したい、量が多いけれど今すぐ対応してほしいという場合にも、弊社なら即座に対応できますので安心です。

武蔵村山市周辺の関連記事↓

武蔵村山市の遺品整理/生前整理なら地元実績多数のケイアクティング  立川市空き家片付けならケイアクティング立川市の空き家整理でお悩みならケイアクティングにお任せください

空き家整理後にリフォームをしたい場合

いざ空き家整理をしようとすると、どうしても中をきれいに片付けることだけに注力してしまいがちです。
ただ、実際には家財を片付けて改めてチェックしたときに、かなり家屋や設備が傷んでいることに気づくケースが大半です。
この先誰かが住むにしても、貸すにしても売却するにしても、そのままでは人が快適に生活できる空間とは言えない場合もあるでしょう。
そうしたときに必要となるのがリフォームです。
多くの場合、まず目の前の問題を処理することに手一杯で、その先のリフォームまで頭が回らなくなります。
とにかく遺品を整理してから、片付けてから、掃除してからとバタバタしているうちに、あっという間に月日が経ってしまうことでしょう。
そんな事態を回避する最適な方法が、リフォームまで一手に任せられる専門業者に最初から依頼することです。
ケイアクティングでは、遺品整理後、空き家整理後、不用品回収後などに全面リフォーム・一部リフォームを一手に対応し、何の心配もなく適切な処置を施すことが可能となります。
ケイアクティングは優良な提携業者を多数持っており、その幅広いネットワークで最適なリフォーム業者を手配することができます。
同時に、古くなって解体せざるを得ない場合や更地にしてから売却したいといった場合にも、ケイアクティングにご依頼いただくことで一括して実施可能です。

空き家のリフォーム費用相場は?

リフォーム費用がどれくらいかかるかは一番気になる点ではありますが、こればかりは空き家の状態、建物の規模や条件などによってかなり変わってしまいます。
内装だけで済めばまだ良いですが、水回りや各種設備を交換するとなれば設備自体の購入費用もかかりますし、躯体や外装に関わるとなればさらに大がかりな工事となり、費用はかさみます。
たとえば、屋根が老朽化して雨漏りが起こるような状況ですが、屋根の補修には足場を組む必要があるのが一般的なため、少なくとも100万円~200万円以上の予算は見ておいたほうが無難でしょう。
老朽化しやすいキッチンやバス・トイレといった水回りの入れ替えで100万円以上、外装や屋根のメンテナンスで100万円以上となれば、総額で最低でも200万円~300万円以上の予算が必要です。

空き家を売却したい場合

空き家をリフォームして活用する方法としては、所有者が自宅として利用するほか、売却や賃貸を行うという方法もあります。
前述したように家屋は解体して更地として売却したり駐車場として運営したりする方法もありますが、どの活用方法が最善かは、空き家の状態と所有者の意向によってさまざまです。
売却したくて大手の不動産会社に相談してみたけれど、売れないと言われたというケースは少なくありません。
事実、空き家の立地や空き家の状態などで難航する場合もありますが、大切なのは武蔵村山市周辺エリアに密着した事業者と連携し、スムーズな解決を目指すことです。
空き家整理を行う場合、対応エリアがどの地域なのか、どれくらいの範囲を網羅しているかをチェックすることは重要です。
全国ならすべて網羅されると考えるのは早計で、より深く地域の情報を把握している業者に相談することが大切だと言えるでしょう。
空き家の整理や売却を考えるとき、古くなってリフォームもできず更地での売却を考えるとき、解体や不動産会社探しで挫折してしまう前に、提携業者多数のケイアクティングへ一度お問い合わせください。

まとめ

空き家の「利活用」が叫ばれるようになって、すでに5年以上が経過しました。
空き家の利活用とは、住人を失った家を放置せず、適切に活用することで空き家状態を解消することです。
実際に住んで利用するにも、売却や賃貸、解体して跡地を活用するにも、まずは所有者が意向を固め、適切な対処をすることが重要です。
意思は決めたものの、家財整理が面倒でまだ手がつけられていないという人も非常に多いのですが、空き家を放置していることはリスクしか生みません。
少しでも負担を軽くするためには、信頼できる専門業者に依頼しましょう。
武蔵村山市を知るケイアクティングにご相談いただければ、きっと後悔のない空き家整理が実現できるはずです。

STEP.1
お問い合わせ
まずは、無料の電話相談で、お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-926-587までご連絡ください。

ライン、お問い合わせメールでもお待ちしております。

STEP.2
現地見積もり
現地見積もりを遺品整理士の有資格者が行います。

武蔵村山市のご自宅に直接伺い、その場で見積もりさせて頂きます。

お客様の思いや故人様の思い、その他わからない事も何でもお聞きください。

現地見積もり無料ですので、安心してお任せいただけます。

STEP.3
作業開始
お見積もりにご納得頂けましたら、作業日程の打ち合わせ後、作業を開始させて頂きます。
STEP.4
ご精算
作業完了後、現地を確認して頂き、ご精算になります。
STEP.5
遺品整理後
遺品整理のケイアクティングでは、自宅の売却、リフォーム、解体や車両の買取等も提携業者により行っておりますので、幅広いサービスに対応致しております。

お気軽にご相談下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です