【新型コロナウイルス対策について】 当社スタッフは、万全の対策に努めておりますのでご安心ください。

残置物を撤去する方法とは?残置物撤去でお困りの方はケイアクティングにご相談ください!

不動産残置物片付け

住居や店舗などの賃貸物件に住んでいた人が、家財や不用品、機材などを置いて行ってしまう。大家さんとしては、早く処分してしまいたいところですが、量が多かったり、自分一人では運び出せなかったりと困ってしまうケースが多いのだとか。

どうやって処分したらいいのか、また誰に頼めばいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時はケイアクティングサービスにご相談ください!

お客様ご自身では搬出することが難しい大型家具や家電、粗大ゴミなどあらゆる物の処分に対応いたします。
またリフォーム、解体業者、不動産会社など提携業者が多数おりますので、残置物撤去に関わることについて一括でご相談いただけます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

【対応エリア】
東京都下及び埼玉県南西部(当店舗より25㎞圏内の近郊地域)

立川市、武蔵村山市、東大和市、小平市、国立市、府中市、調布市、瑞穂町、東村山市、東久留米市、昭島市、日野氏、八王子市、羽村市、清瀬市、西東京市、武蔵野市、青梅市、小金井氏、国分寺市、福生市、狛江市、あきる野市などの東京都下、所沢市、入間市、日高市、飯能市などの埼玉県南西部

その他東京都23区内も対応可能です。対応エリア外についても、お気軽にご相談ください。

残置物とは?

残置物

そもそも「残置物」とはどのようなものなのでしょうか?

残置物とは不動産物件に居住もしくは占有していた人が、退去する際に残していった私物のことを指します。

賃貸物件の場合は借主(=賃借人)が、競売物件の場合は占有者(=居住者など)が残していったもの(=動産)になります。

一般の住宅の場合は家財道具や生活用品がほとんどですが、事務所の場合はオフィス用品、店舗の場合は厨房機器やテーブル類、工場の場合は資材や工業用機械など、さまざまな残置物があります。

残置物とゴミの違いとは?

不動産残置物

所有している物件に残置物があった場合、すぐにでも処分したいところですが、残置物は普通のゴミとは性質が違うため、処分に手間がかかってしまいます。

というのも、残置物の所有権は物件から退去した人物にあります。
そのため、無断で処分してしまうと法律に触れてしまう可能性もあるため、処分するためには所有権を放棄してもらうために裁判所へ手続きに行かなければなりません。

最近では、こういったトラブルを防ぐために、賃貸借契約書を交わす際、残置物があった場合の処分方法についても決めておく傾向にあるようです。

このように、扱いが厄介で、処分に手間がかかってしまうのが残置物なのです。

残置物撤去の確認ポイント

・賃貸の場合、物件(大家さん)の所有物を確認しておく

・団地、公団住宅などは網戸などが借主の所有物の場合が多い

・持ち家の場合は、売却するのか、リフォームするのか、賃貸にするのかにより撤去物が変わる

残置物撤去と合わせて読みたい記事↓

遺品整理はどうする?遺品整理はどうする?遺品整理士に頼む理由 ゴミ屋敷の片付けはどうする?プロの掃除業者が改善する具体的な方法を解説ゴミ屋敷の片付けはどうする?プロの掃除業者が状況を改善する具体的な方法を解説

残置物を撤去する方法

残置物片付け・ビフォー
不動産残置物撤去・アフター

残置物を撤去するための方法には以下のようなものがあります。

自分で処分する

自分で残置物を処分するというのが、最も一般的な考え方です。

しかし、物件内の残置物をすべて自分で分別し、運び出すのは大変の労力が掛かります。大きなものの場合は粗大ゴミとして回収を依頼しなければなりませんが、自治体によっては回収が不可能なものもあるでしょう。

また、テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機などの家電製品については「家電リサイクル法」という法律があるため、粗大ゴミとして扱うことができません。そのため、郵便局などでリサイクル料金を支払ったうえで、家電量販電や回収業者などに引き取りを依頼しなければならないのです。

残置物を処分するまでの手続きにも手間がかかるのに、実際の処分にも手間がかかってしまうので、自分で処分するという方法は大変な作業であるということが言えるでしょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

残置物の中に比較的新しいものや、中古品でも需要がありそうな物品については、リサイクルショップに買い取ってもらうことができます。
最近では、出張で査定に来てくれるサービスなどもありますので、お店まで持ち込まなくてもいい点については便利で効果的な処分方法と言えます。

しかし、全ての物品について買取りをしてくれるわけではありません。
例えば電化製品の場合、製造年月日から5年以上経過しているものについては、製品の寿命が来てすぐに壊れてしまう可能性がありますので、買い取りしてもらえないケースがほとんどです。

たくさん物はあっても、需要がなければ買い取ってもらえないので、対象から外れた物品はやはり自分で手続きをして処分しなければなりません。

不用品回収業者に依頼する

そこでオススメしたいのが、不用品回収業者に依頼するという方法です。

これまでの方法と比較して費用が掛かる方法ですが、処分するための手間がほとんどかかりませんので、一番簡単に残置物を処分することができます。

不用品回収業者は、基本的にどんなものでも回収してくれるのが強みです。
回収できない危険物や産業廃棄物などに関しても、提携している業者がいる場合は、一括で処分を依頼することができる可能性もあります。

残置物の種類に関わらず、手間を掛けずに処分したい場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。

残置物撤去でお困りの方はケイアクティングサービスにご相談ください!

遺品整理のケイアクティングが選ばれる理由

私たちケイアクティングサービスは、不動産物件の残置物撤去のご相談も承っております。

◇ 物品が多すぎて自分一人では対処できない…。
◇ 大きな家具や家電を運び出せない…。
◇ 高齢のため、残置物を撤去する体力がない…。
◇ じぶんでどこから手を付けていいのかわからない…。

このようにお困りの方は、ぜひお気軽にケイアクティングサービスまでご相談ください。
一般住居、企業、法人は問いません。
また、物品を処分した後のお部屋の簡単な清掃やリフォームなどについても対応させていただいております。

そのほか、こんなことも頼める?といったことなど、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

ケイアクティングの幅広いサービス

・遺品整理
・空き家整理
・不用品回収
・不動産買取
・リフォーム
・家電や車両などの買取
・火災保険適用サポート

その他、自宅の解体やご葬儀関係などもご相談頂けます。

残置物撤去の事例集

不動産会社様より残置物撤去のご依頼

不動産会社様より、買取物件の残置物撤去のご依頼でした。

家主様が自身では業者を探せないとの事で、ご相談頂きました。
物件が戸建てという事で、物量が多く大変お困りでした。

自宅内には、家具類にそのまま収納されている残置物や仏壇や金庫なども有り、トラック4台分ほどの物量と大型の物置には、物が多数有り、トラック1台分の回収になりました。

追加で大型の物置の解体回収もご依頼頂きました。

賃貸物件の残置物の撤去依頼です。

引っ越し後に残ってしまった残置物の撤去のご相談でした。

お客様が引っ越しの際にどうしても処分出来なかった物を、期日までに回収してほしいとの事でご相談頂きました。
品物は、使わなくなった二段ベットやカラーボックス、衣装ケース、こたつ等で、軽トラック1台分になりました。

物量が少なく、品物も限定されておりましたので、ご相談頂いた即日に対応させて頂きました。
お客様にも喜んで頂き、二段ベットの解体も含め、1時間ほどで完了致しました。

残置物撤去をご依頼する方法

簡単な4つのステップです。

STEP.1
まずはお問い合わせ

まずは、無料の電話相談で、お気軽にお問い合わせ下さい

 

までご連絡ください。

STEP.2
現地見積り

現地見積もりを遺品整理士の有資格者が行います。

お客様のご自宅に直接伺い、その場で見積もりをさせて頂きます。

無料の現地見積もりで、安心してお任せいただけます。

STEP.3
作業開始

お見積もりにご納得頂ければ日時の打ち合わせ後、作業を開始させて頂きます。

STEP.4
ご精算

作業完了後、現地を確認して頂き、ご精算になります。

残置物撤去後には、当店では自宅の売却、リフォームのご相談もお受けいたします。

提携先多数の為、幅広い対応が可能です。

末永いお付き合いをお約束いたします。

【対応エリア】
東京都下及び埼玉県南西部(当店舗より25㎞圏内の近郊地域)

立川市、武蔵村山市、東大和市、小平市、国立市、府中市、調布市、瑞穂町、東村山市、東久留米市、昭島市、日野氏、八王子市、羽村市、清瀬市、西東京市、武蔵野市、青梅市、小金井氏、国分寺市、福生市、狛江市、あきる野市などの東京都下、所沢市、入間市、日高市、飯能市などの埼玉県南西部

その他東京都23区内も対応可能です。対応エリア外についても、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です