【新型コロナウイルス対策について】 当社スタッフは、万全の対策に努めておりますのでご安心ください。

粗大ゴミを回収・処分するなら業者?自治体?おすすめの選び方について解説!

日常生活や日々の業務などで発生する粗大ゴミですが、みなさんはどのようにして処分されていますか?

各自治体が提供している粗大ゴミ回収サービスを利用して処分するのが一般的だと思いますが、いざ利用しようとすると、処分のためのルールが細かく決められているので、「思っていた以上に手間がかかってしまった…」なんてことがあるかと思います。

「できればすぐに処分してしまいたい」、「手間や時間を掛けずに処分したい」と、このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自治体で粗大ゴミを回収・処分するメリットとデメリット、回収業者に依頼するメリット・デメリットをそれぞれ比較してどちらがいいのか解説していきたいと思います。

是非、粗大ゴミを処分する際に参考にしてみてください。

もくじ

粗大ゴミを自治体に依頼するメリットとデメリット

新しい家電製品や大型家具を購入したり、引越しの時に不要になったりして発生する粗大ゴミ。

処分するためには、各自治体が行っている粗大ごみ回収サービスを利用するのが一般的です。

そうした自治体による回収のメリットとデメリットについて解説していきます。

粗大ゴミを自治体に依頼するメリット

①費用を抑えることができる

まず、自治体に依頼する最大のメリットとしては「費用を業者に比べて安く抑えられる」ことができます。

各自治体によって違いがありますが、1~2品目程度で自分で運べそうなものであれば、業者に依頼するよりも安く抑えることができます。

また、関東であれば粗大ゴミ受付センターに問い合わせると、持ち込みであれば無料で回収処理を行うことができる自治体もあります。

②自治体によっては家の前まで収集しに来てくれる

家庭ごみとは別に、粗大ゴミ用に収集車で家の前に出しておけば回収してもらえるところもあります。

「大きいけど1品しかないからわざわざ業者を呼びたくないなあ…」なんて時に利用すると良いのではないかと思います。

③各自治体で収集場所・回収日が決まっている

あらかじめ、収集カレンダーで決まっているので処理する予定が立てられやすいのも自治体に依頼するメリットとなります。

大きいけど運べそうなものであればこうした収集場所に処理すると良いかもしれません。

粗大ゴミを自治体に依頼するデメリット

①品目によっては、回収してくれない可能性がある

自治体のサービスの場合、処分したいものの品目によっては引き取ってくれないケースもあります。

そのため、引き取ってくれるかどうか事前に確認しなければなりません。

また、自治体のサービスでは、無料で引き取ってくれたり、買い取ってくれたりすることは絶対にありません。

②回収場所まで、どんなものでも運搬しなければならない

自治体の回収サービスの場合、回収場所まで大きなゴミを運搬しなくてはなりません。

処分したいものによっては、女性や高齢者の方が家から運び出すことすらできない可能性もあるでしょう。

また、家の前までといっても、そこまで運ばなければならないので依頼者の負担となる可能性もあります。

③回収時間が決まっているため、時間が合わない可能性がある

事前に予定が立てられなかったりなど、時間に間に合わないと次の収集日まで保管しなければならなくなるので依頼者の負担となることがあります。

④回収日までは粗大ゴミを自宅やオフィスで保管する必要がある

自治体のサービスを利用しようとすると、事前の申し込みからチケットの購入を依頼者が行わなければいけません。

また、先述したように回収日までのゴミの保管など、手間と時間が掛かってしまいます。

粗大ゴミを回収業者に依頼するメリット・デメリット

回収業者に処分を依頼することは、さまざまなメリットがありますし、回収業者にはできないデメリットもあります。

それぞれ解説していきます。

粗大ゴミを回収業者に依頼するメリット

①手間がかからない

粗大ゴミ回収業に依頼することの最大のメリットは、「手間を掛けずにゴミを処分することができる」という点です。

一方、回収業者に依頼する場合、最短「電話一本で駆けつけてくれる」こともあります。

見積もりについてもメールなどで対応してくれる場合が多いので、とにかく時間を掛けずに処分することができるのが特徴です。

また、回収日についても日時を指定することが可能ですので、自分の都合に合わせて粗大ゴミを処分することができるのです。

②家からの運び出しも行なってくれる

回収業者に処分を依頼すると、家まで回収に来てくれるうえ、家からの運び出しも行なってくれます。

その点、回収業者はどんなものでも家から運び出してくれるので、運ぶ手間がかかる事もありません。

また、解体が必要なものに対しても対応してくれる場合がほとんどですので、自分の手を煩わせることなく粗大ゴミを処分することができます。

③どんなものでも処分することが可能

回収業者に依頼した場合、一部を除いて(動物や薬品、銃器、盗品等)たいていのものを回収してくれます。

念のため、問い合わせた際に確認した方が賢明ですが、回収してくれる品目が幅広いということは、処分する方の立場からして安心材料になると言えるのではないでしょうか。

④家電リサイクル法対象製品や、パソコンリサイクル対象品も回収してくれる

回収業者に依頼すれば、家電リサイクル法の対象となる製品やパソコンリサイクル対象品も回収してくれます。

家電リサイクル法の対象となる品目は以下の製品です。

◇ 冷蔵庫、冷凍庫
◇ テレビ
◇ 洗濯機、衣類乾燥機
◇ エアコン

これらの製品は「家電リサイクル法」の対象となり、パソコンやディスプレイなどについては「資源有効利用促進法」にとなるため、行政サービスで回収することができません。

回収業者に依頼をすれば、これらの製品でも回収してくれますので、気兼ねすることなく処分することができますね。

⑤再利用可能なものについては無料引き取りや買取りも可能

処分したいものが再利用できると判断された場合は、引き取りの料金が無料になったり、買い取ってくれたりする可能性があります。

場合によっては、自治体のサービスよりも処分にかかる費用を抑えることができるかもしれません。

粗大ゴミを回収業者に依頼するデメリット

①費用がかかる

自治体で定められている費用や処理内容によって変動するかと思いますが、多くの業者依頼だと費用がかさんでしまうというデメリットがあります。

ただ、先述したように無料で見積もりを行ってくれる業者は多くあるので、見積もり費用と比べながら相談してみると良いでしょう。

②無申請の業者もある

業者によっては、回収・処理業者として必要な申請書類を提出していない業者もあります。

詳しく解説すると、「一般廃棄物処理業」の許可を自治体から受けていない、もしくは自治体から委託されていない業者です。

こうした業者は、違法な回収・処理を行うことが報告されているため、適切に処理されない、違法な見積もり金額を提示されることがあるので気を付けましょう。

③業者によってサービスの質が異なる

粗大ゴミの回収・処理業者は地域にいくつかあります。

そのため、業者によってサービスの質が異なってしまうことがあります。

それぞれの業者によって行うことができること、できないことがあるので分からないことがあればどんどん相談してみましょう。

粗大ゴミを回収・処分依頼するときに業者を選ぶ3つのポイント

では、こうしたメリット・デメリットを踏まえて、回収業者を選ぶポイントを3点ざっくり解説していきます。

①出張回収を行ってくれるのか

業者によっては、出張が行える範囲がそれぞれ異なります。

回収可能な地域であるか回収依頼を行う前に電話や依頼する業者のサイトなどで確認するようにしましょう。

②回収以外のサービスはどんなものがあるのか

回収以外に行えるサービスも依頼業者によって異なります。

例えば、ケイアクティングサービスでは片付けのサービスや遺品整理も行っています。

③どんなものを回収してもらえるのか

回収品目はそれぞれの業者で対応しているものが少しずつ異なります。

なるべく一つの業者で回収が完了できるようにすれば費用を抑えることができるので、回収可能なものか確認しましょう。

結論:粗大ゴミを回収・処分を依頼するなら業者?自治体?

自治体で処理できる品目、且つ粗大ゴミが少ないのであれば自治体に依頼する方が費用を安く抑えられます。

但し、上記の条件に当てはまらないのであれば、業者に依頼する方が依頼者の負担を軽減させることができます。

処分する粗大ゴミによって臨機応変に対応していきましょう。

粗大ゴミの回収ならケイアクティングサービスにお任せください!

粗大ゴミの処分についてお困りなら、私たちケイアクティングサービスにお任せください!

一般家庭のお客様、法人・企業のお客様、みなさまのご都合に合わせて、粗大ゴミの回収に伺います。

粗大ゴミについてのことなら、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です