【新型コロナウイルス対策について】 当社スタッフは、万全の対策に努めておりますのでご安心ください。

親が亡くなってしまったら・・・実家の遺品整理を行うポイント3点

親を亡くした悲しみは大きいですよね。

それでも故人を偲びながら、実家の遺品整理を行わなければいけません。

葬儀を終えたばかりで、何も手につかない・・・。

親族で揉めたくない・・・。

処分ってどうすればいいんだろう・・・。

そう感じている方のために遺品整理のポイント3点を紹介します。

心配なら、遺品整理業者に相談するのも選択肢に入れてみてください。

実家をスッキリ片付ければ、心も少し安らぐでしょう。

ポイント1.スケジュールを立てる

まずは遺品整理の大まかなスケジュールを立てます。

「いつかやればいいか・・・。」

と考えていると、結局慌てることになりかねません。

精神的に余裕がなかったり、普段の生活・仕事で忙しかったり、思ったように進まない可能性があります。

いつ開始し、いつ完了するかを決めてから作業を行なうほうが、スムーズに対応できます。

始めるタイミングは決まりはありませんが、

  • 葬儀が終わった後
  • 四十九日
  • 手続きが終わった後(死亡届の提出・公共料金や携帯電話の解約など)

が主流です。

遺品整理の予定について、いつ・だれが・何を・どのようにやるかを親族で話し合いましょう。

完了時期は、

  • 相続を考えているなら、相続税の申告期限である死後10ヶ月以内
  • 売却・賃貸を希望しているなら、長くても死後1年以内

を目安にしましょう。

遺品整理は時間がかかるので、計画的に行うのがおすすめです。

ポイント2.分別する

遺品整理のスケジュールを立てたら、さっそく分別に取り掛かりましょう。

実家にあるものをすべて取り出し、部屋に並べます。

段ボール箱とガムテープ・油性ペンやひも・ハサミを用意しておくのがおすすめです。

タンスや机の中もしっかり確認しましょう。

  • 衣類(洋服・着物・ファッション小物など)
  • 写真(アルバム)
  • 印鑑・預金通帳
  • 土地・建物の権利書
  • 保険証券
  • 家具・家電(布団・炊飯器・電気ポットなど)
  • 手帳・手紙・メモ
  • 貴金属(腕時計・アクセサリーなど)
  • 書籍(本・新聞・雑誌など)

これらを、必要なもの・不用品・保留に分けていきます。

パソコンやスマートフォンの中身も調べることを忘れずに。

金銭的な価値があるものについては、一旦まとめておきます。

再度身内が集まったときに形見分けを行ないましょう。

遺品整理の中で分別はもっとも大変な部分ですが、着実に進めていきましょう。

ポイント3.処分する

遺品整理の分別が終わったら処分を始めましょう。

大量に不用品が出てきたかと思います。

方法としては、捨てるかリサイクル(買取・売却)が考えられます。

しかし、自分で細かく分別するのは時間と手間がかかってしまいます。

  • 遺品供養(お焚き上げ)をする
  • ゴミの日に出す
  • ゴミ処分場(クリーンセンター)に持っていく
  • リサイクルショップに持っていく

といった作業が「できない」「面倒」だと感じることも。

特に実家が遠方にある場合、遺品整理のためだけに赴くのは大変でしょう。

それなら、業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

処分に加えて、分別・部屋の掃除を手伝ってくれる業者もあります。

できるだけ親身になって、作業してくれる業者がおすすめです。

遺品整理は一生に1度か2度しか無い事柄です。丁寧に作業してくれる、近所にも気を配ってくれる、ちゃんとした工程やプランをしめしてくれる等、

作業以外の所も考えてくれる業者が、1番です。

思い出の品を扱うので、信頼できる業者に頼みたいですよね。

遺品整理の処分は精神的・体力的に負担が大きいので、プロに任せるのが最適です。

まとめ

実家の遺品整理を行う際のポイントをまとめました。

  • ポイント1.スケジュールを立てる
  • ポイント2.分別する
  • ポイント3.処分する

親が亡くなった後のショックは大きく、遺品整理をツライと感じる方も多いでしょう。

そんなときは業者への依頼がおすすめです。

 

遺品整理のお悩みは、弊社ケイアクティングサービス(K-acting service)までお任せください。

遺品整理士がしっかりサポートさせていただきます。

仏壇や葬儀のご案内や生前整理、ご実家の売却の相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です